青春18きっぷ 冬 「2013.12.23の乗車報告 中編」

青春18きっぷ 冬 3 多気→新宮→那智

 【2013年12月23日 月曜日】

「前編」からの続き。
亀山8:23発の921D普通・伊勢市行きは定刻通り9:36に多気に到着した。
多気から先は9:43発の329C普通・新宮行きに乗車して終点の新宮へ。
329Cは921Dが到着した同じホーム向かい側に停車しており、既に乗
車可能な状態だった。乗り換えダッシュと呼べるものは発生せず、329C
は921Dの前から1-2両目よりほんの少し新宮寄りに停車していた。

 ★多気943→1320新宮 329C キハ11 2両
後寄りの車輌に乗車。車内は多気発車時、一つのボックス席に1-2人(1人
と2人が半々)、ロングシートの部分は5-6人程度と、どちらかといえば空い
ていた。小生は進行方向左側・海側のボックス席に腰を下ろした。

       329C(多気駅)
画像

       途中の車窓(川添~三瀬谷)
画像

紀勢本線の東側は↑と似たような景色が続く。同、西側とは何かが違う。

10:13、三瀬谷に到着。何故か、この駅で5分ほど停車し、定刻通り10:18に
発車。持参しているメモには、この駅では行き違いの列車はなかったと書き
記しているので、臨時列車用のスジが存在するのかも知れない。

       途中の車窓(滝原駅発車時)
画像

↑の写真。すれ違う列車は新宮を7:44に発車した多気行きの326Dであると
思われる。小生が気勢東線に乗車する際は、いつも決まってキハ11なので
、たまにはキハ40/48に乗りたいと思うが、タイミングを合わせるのが難しく
、中々、その機会に恵まれない。武豊線の電化が完成すれば、キハ25が
他線へ転属すると思うので、その時、キハ40/48は引退するかも・・・(?)

10:36頃、伊勢柏崎に到着。「特急南紀4号」との行き違いにより、この駅で
10:41の発車まで5分ほど停車する。

途中、いくらかの駅で降車が見られたようで、車内は大内山発車時、一つ
のボックス席に0-2人(0人・1人・2人が同数)、ロングシートの部分は2人程
度と空いていた。理想的な環境というのか、まったりしていた。

       途中の車窓(梅ヶ谷~紀伊長島)
画像
画像
画像

↑の写真。この辺りは峠なのか、それなりに勾配がきついようで、例えば
多気方面の列車は、この区間で走りが一気に重たくなる。昔、この辺りに
伊勢と紀伊の境界が存在していたようだ。山の中であるが、線路状態はか
なり良いような気がする。

11:00、紀伊長島に到着。この駅で11:28の発車まで28分も停車する。この
ような停車時間は普段の生活の中ではお断りだが、青春18きっぷの旅の
中では歓迎する。何故、歓迎するのかといえば、気分転換として駅前をフラ
フラすることが出来るし、さらに煙草が吸えるからである。
JR東海の在来線のホームは全面禁煙となっている。

       329C(紀伊長島駅)
画像

       車内の様子(紀伊長島駅停車中)
画像

紀伊長島では停車時間が長いので駅舎の外へ出ることにした。駅前通り
に「さんまの寿司」を売る店があったと記憶しているが、ただ、それについて
はメモをしておらず、8ヶ月も前の事なので記憶が曖昧である。

紀伊長島をでは降車よりも乗車の方が多く、車内は紀伊長島発車時、一
つのボックス席に1-2人(大半は1人、2人は連れ同士)程度とボックス席の
方は余裕が見られたが、ロングシートの部分は約10人程度とそれなりに席
が埋まっていた。紀伊長島から乗車したお客の大半は小学生~中学生だ
った。

尾鷲では乗車よりも降車の方が多く、車内は尾鷲発車時、一つのボックス
席に0-1人(大半は1人)、ロングシートの部分は2人程度と空いていた。こ
こまで空いてくれば18キッパー風のお客が目立つようになる。この先、乗
降は少なく、尾鷲発車時の状態が熊野市まで続いた。

       途中の車窓(大曽根浦~九鬼)
画像
画像

↑の写真。この区間は地形が険しいのか、線路が崖の途中に敷かれてい
るような感じがする。

       途中の車窓(新鹿~波田須)
画像

↑の写真。砂浜が見えるが、これは日本一綺麗な海水浴場と言われてい
る。何が綺麗なのか、その辺りは分からないが、糞便性の大腸菌が少ない
のかも知れない・・・(?)

       途中の車窓(波田須駅発車時)
画像

波田須駅は自動車で行くのが困難であるといわれている。

熊野市では降車よりも乗車の方が多かったが、車内は熊野市発車時、一
つのボックス席に1-4人(4人はグループ、他は1人)、ロングシートの部分
は5人程度と、どちらかといえば空いていた。

12:55、神志山に到着。「特急南紀6号」との行き違いにより、この駅で時刻
表上12:59の発車まで4分ほど停車する。

熊野市から先、いくらかの駅で少し乗車が見られ、ロングシートの部分のみ
それなりに席が埋まっていたが、鵜殿でそこそこ降車が見られ、車内は鵜
殿発車時、一つのボックス席に0-1人(0人は一つのみ、他は1人)程度、ロ
ングシートの部分は7-8人程度とどちらかと言えば空いていた。

       途中の車窓(鵜殿~新宮)
画像
画像

↑の写真。熊野川の鉄橋を渡って三重県から和歌山県へ。

13:20、329Cは定刻通り終点の新宮に到着した。理想的な鈍行列車だっ
た。多気から新宮までの137.7Kmを所要3時間37分、平均時速は38.1Km
/hとなる。

       329C(新宮駅)
画像

       新宮駅で見かけた381系の「L特急くろしお」
画像

何故、小生は鉄ヲタになったのか?主な理由は二つ。まず一つは幼稚園の
頃から小学3-4年の頃までプラレールで遊んでいた。もう一つは自宅の近く
に、この「くろしお」が走っていたからだと思う。小学生の頃は「くろしお」を眺
めるため、自転車で津久野や上野芝まで頻繁に出向いていたし、同級生と
良く鉄ヲタクイズを出し合ったりしていた。因みにその同級生は中学に入学
すれば鉄道に興味がなくなってしまった・・・。思春期を境に趣味・嗜好が変
わる人は意外と多いのかな…(?)。この年齢になればぐれるのが多いし。

           新宮駅前
画像

この日、この時間帯の新宮は予想していたよりもはるかに温暖だった。
大阪周辺では2012年12月は寒かったが、2013年12月は温暖だった。

新宮に到着した後は「さんまの寿司」を買う為、駅から徒歩で5分程度のと
ころにあるスーパーオークワへ。個人的なものであるが、新宮(南紀)を訪
れた際は可能な限り、この「さんまの寿司」を買うようにしている。

スーパーオークワ(新宮)駅前店の場所↓
青春18きっぷ 冬 「2008.1.13の乗車報告」

「さんまの寿司」は店内の惣菜コーナーで売っている。いつもと同じヤツを
買うつもりでいたが、今回は何かが違う…そして、それが何なのかすぐに
気付いた。いつもと同じヤツは柚子風味になり、何と値上げしていたので
ある。「いつものヤツは柚子風味ではなかったし、300円台やってんけどな
・・・」と思ったが、それほど高いものではないので買うことにした。又、他に
鯖の寿司と麒麟の淡麗も買っておいた。

※このブログを書く際、前回の記事で確認すると、スーパーオークワで売
 っている「さんまの寿司」は、長い間、367円だったが、今回は450円と一
 気に83円も値上げしていることに気付いた。これは柚子風味になったか
 らか、それとも秋刀魚の漁獲高が減ったからか、またはアベノミックスに
 よる影響も考えられるが、その辺りは良く分からない。ただ、今回食べた
 ヤツは脂が乗っていて質がかなり良いと思った。
振り返れば、2013年の秋、地元、大阪堺のスーパーでは、まるまる肥え
 た生サンマというのは殆んど見掛けなかった。又、季節を問わずいつでも
 売っている塩サンマは以前は一匹あたり大体100円が当たり前であった
 が、今は大体150円となっている。

前回書いたブログの記事↓
青春18きっぷ 春 「2012.9.1の乗車報告 中編」

「さんまの寿司」はどこで食べるのか・・・。以前と同じように徒歩で15分程
度のところに位置する海岸沿いの松林まで行き、そこで食べるか、それと
も駅のベンチで食べるか、等と迷った結果、新宮14:00発の2336M普通・串
本行きに乗車して那智まで行き、そこで食べることにした。何故、那智なの
かと言えば、駅の真横に海(砂浜)が存在するからである。

そんな訳で、↓の列車に乗り込んだ。

       新宮から先は14:00発の2336M普通・串本行きに乗車した
画像

 ★新宮1400→1417那智 2336M 105系2両
後寄りの車輌に乗車。車内は新宮発車時、一つの長椅子に1-5人(5人
の中には連れ同士が含まれる)程度と空いていた。2336Mは終点の串本
で紀伊田辺方面の普通列車に接続していないためか、客層の大半は軽装
の地元民であり、前寄りの車輌は後寄りの車輌よりも利用者が多く感じた
。他、気勢西線を走る105系には3ドア車と4ドア車が存在するが、この日の
2336Mは3ドア車だった。小生が把握している範囲では、3ドア車の方が座
席の奥行きが広い。

       2336M(新宮駅)
画像

       途中の車窓(新宮~三輪崎)
画像

↑の写真。この区間でも海が良く見える。新宮を発車してこの海が見えると
「大阪はまだまだや」と想うし、逆に紀伊田辺から新宮に向かっている時に
この海が見えると「やっと新宮や!」と想ったりする・・・。

紀伊佐野で部活帰りの学生さんの乗車が見られ、車内は紀伊佐野発車
時、一つの長椅子に2-6人程度と、それなりに席が埋まっていた。

14:17頃、那智に到着。過去にこの区間を何回も通過しているが、ここで降
りるのは今回が初めてである。駅のすぐ横に海(海水浴場)があるので、
以前から降りてみたいと思っていた。

       那智駅 駅舎
画像

神社風の造りとなっており、この形状は駅舎としては珍しい存在かも知れ
ない。この駅舎は1930年代半ばに建てられたとの事で二代目なんだそう
な。又、駅のすぐ隣に「丹敷の湯」と呼ばれる温泉の建物が併設されてお
り、入浴料は600円、営業時間は13:00~22:00(受付は21:00迄)、定休日
は月曜(月曜が祝日の場合は翌日)とのこと。

       那智駅 駅舎の中
画像

駅舎の中は若干くたびれているような様子。駅構内の便所は使用禁止に
なっているので、もし仮にやりたくなった場合は「丹敷の湯」の建物の裏手
にある「道の駅」と思われる施設の公衆便所で・・・。

       那智駅 駅名板
画像

小学生の頃、クラスに「なちぐろ」というあだ名の奴が居た。そのようなあだ
名になった理由は良く日焼けして色黒だったからだと思われる。

「さんまの寿司」は海(海水浴場)で食べようと思うが、駅舎は山側に面して
おり、海側へはどのようにして行けば良いのか分からない。駅前をウロウロ
していると、駅舎を出てすぐ左側に線路を下を潜る地下道が存在していたの
でここを通ることにした。

       海水浴場へ向かう地下道        
画像

       那智駅の横にある海水浴場
画像

「さんまの寿司」は砂浜に直に座って食べるつもりで居たが、机と椅子が設
置されていたので、ここで食べることにした。ここまで装備が良いとは想定
外だった。

       那智駅の横にある海水浴場
画像


       スーパーオークワ(新宮)駅前店で買ったもの
画像

時計回りに「さんま寿司・450円」「一口さば寿司・198円」「麒麟の淡麗500
cc・200円くらい?」である。

       さんま寿司(ゆず風味)
画像
画像

前回と比較すれば84円も値上げしていたが、脂が良く乗っていたので凄く
美味しく感じた。ゆずの風味は小生の味覚でいえば少し。秋刀魚は天然の
ものなので、いつも同じ質かといえば、その辺りは微妙。この質で450円は
お徳であると思った。

       一口さば寿司
画像

こちらはご飯の量が多いのが特徴。米がぎゅうぎゅうに圧縮されており食
べ応えがある。こちらも美味しいと思った。小生は鯖・秋刀魚・鰯が大好物
なのである。

食べたあとは周囲でのんびりとし、那智15:43発の2338M普通・紀伊田辺
行きに乗車して紀伊田辺、乗り継いで御坊方面へ。

                                         (続)

この記事へのコメント

やべっち
2014年08月30日 06:48
Mr.Kサン こんにちは
(^∀^)ノ

最近、持ち運びに便利な
JTB「小さな時刻表」(季刊)
…を肌身離さず(笑)持ち歩いている やべっち です!!
(^。^;)

三瀬谷駅の間の伸びたような停車は、2012年3月まで、近くの高校が定期試験などで午前中に終了した際に運行されていた三瀬谷~多気間の臨時普通列車のスジの名残りかと思います!?

三瀬谷から紀伊長島方面は、荷坂峠(列車は荷坂トンネルで通過)が分水嶺ですが、多気方面からはダラダラと緩やかな勾配です!!
(^。^;)逆に云うと、紀伊長島方面からは、梅ヶ谷までの間25パミールもの急勾配が続き、途中に有る大名倉トンネルは、釜石線陸中大橋のトンネルと同じように、

Ω(オメガ)ループ

…となっていますよ!!
(^∀^)ノ
2014年08月30日 23:32
やべっちさんへ。こんばんは。

2012年3月まで三瀬谷~多気の間にそのような列車が運行されておりましたか。でも定期試験は僅かな期間なのに、そのような列車を運行していとは、良いサービスだったんですね。

多気方面に乗ると紀伊長島から梅ヶ谷の間は軽快そうなキハ11でも重そうに走りますね。国鉄型のキハ48とかならもっと重いのかも。

JTB小さな時刻表は本文に臨時列車が掲載されていて便利ですが、ちょっと字が小さすぎて目が疲れます(笑)。あの時刻表に見たあと、普通の時刻表を見ると目に優しい・・・
やべっち
2014年08月31日 11:30
Mr.Kサン こんにちは
(^∀^)ノ

おそらく(^。^;)正確には、329Cのウチの三瀬谷止まりの車両を、三瀬谷で連結解除して、新宮から来る326Dに連結!!
(326Dも三瀬谷で5分停車)
多気まで行ってから、臨時普通の8331C、8332Cとして多気~三瀬谷間を往復したのだと思います!?

連結解除の5分の名残りが(^。^;)毎年ダイヤ改正で更新されても、そのまま残っているのがとても興味深いです!!
(単線だからイジるのが面倒くさい?)

(^∀^)ノ
2014年09月02日 21:28
やべっちさんへ。こんばんは。

手元にある「コンパス時刻表2011年8月号」に
よると、826Dは三瀬谷を10:35に発車、多気
には11:07に到着。

一方、8331Cは多気を10:36に発車、三瀬谷には
11:08に到着するので、この両者は無関係か
と?!・・・

826Dと8331Cは共に10:52発の栃原で行き違って
いるようです。ただ、2011年8月から2012年春
までの間に、この区間で時刻変更が行われた
のであれば何とも言えませんが・・・

でも、このような理由不明の停車というのは、
遅延が発生した際に回復しやすいので、歓迎
すべきかもしれませんね。山陰地方で時折、
見掛けますね。

この記事へのトラックバック