青春18きっぷ 春 「2012.3.31~4.1の乗車報告 Ⅱ 前編」

青春18きっぷ 春 5 東萩→長門市→仙崎 長門市→飯井→長門市

 【2012年4月1日 日曜日】

乗り鉄2日目は東萩から長門市へ向かい山陰本線の仙崎支線に乗車。その後
、美祢線と山陽本線を乗り継いで自宅へ。仙崎支線はJR西日本の中で唯一つ
未乗として残っていた区間である。仙崎支線は運行本数が少なく運行時間帯に
偏りがあるので、行程を組むのが大変だった。

この日の天候は晴、朝方はこの時期にしては冷え込んでいたが、昼間の広島
近辺は温暖、昨日と違って一日中良い天候に恵まれた。

朝は5:30に起床、朝の様々な雑用を済ませてホテルの朝食を頂き、6:45にチェ
ックアウト、駅へ向かった。まずは東萩を7:08に発車する長門市行き1561Dに
乗車。1561Dはキハ120の2両編成であり、東萩から長門市方面への始発列車
である。

 ★東萩708→746長門市 1561D キハ120 2両
後よりの車両に乗車。2両共にオールロングシートのキハ120だった。車内は東
萩発車時、客は小生を含めて計4人。平日なら高校生を中心とした利用があり
そうだが(?)、日曜の為か空いていた。途中の乗車は少なめ、車内は長門市
まで同じような状態が続いた。

       1561D(東萩駅)
画像

       途中の車窓(玉江~三見)
画像
画像

山陰本線の西半分は、東萩以東に引き続き以西も車窓に良く海が入ってくる。
車窓オタクにもお薦めの区間!車窓に海が入る比率は他の路線よりも高い。

       途中の車窓(三見駅停車中)
画像

対向列車は長門市発・益田行きの1562Dであると思われる。山口県や広島県
で良く見かける白と黄色のツートンの車両は、現在たらこ色に塗り替え中。その
内に消えるらしい。たらこ色は日本の広い範囲で復活したりして注目される事が
あるが、鳥取付近では以前から存在しているし、この地域でも当たり前の存在
になりそう。

       途中の車窓(三見~飯井)
画像

       途中の車窓(飯井~長門三隅)
画像

       車内の様子(長門三隅~長門市)
画像

       長門市から先は7:56発の1623D仙崎行きに乗車
画像

仮に7:56発の1623Dに乗り遅れた場合、この次は12:27発の「みすゞ潮彩」まで
4時間半も間隔が開いているので、昨晩から「寝坊して乗り遅れないように」と少
し気合いを入れておいた。今回の乗り鉄の主な目的は仙崎支線の乗車。何らか
の都合で乗り遅れたら、山口県まで来た意味が半減してしまうが、何も問題なく
1623Dに乗車する事が出来た。長門市→仙崎は今回が初の乗車。
「みすゞ潮彩」の「潮彩」は今日まで「潮騒」だと思ってた・・・

 ★長門市756→800仙崎 1623D キハ120 1両
乗客は小生を含めて6人ほど・・・空いていた。営業キロ2.2Kmを4分で走る。

       1623D(長門市駅)
画像

       車内の様子(長門市駅発車待ち中)
画像

       長門市駅を発車
画像

       途中の車窓(長門市~仙崎//本線から分かれて支線へ)
画像

       途中の車窓(長門市~仙崎)
画像

       8:00丁度、仙崎に到着
画像

列車は仙崎駅に到着後、8:07発の1622D長門市行きとして折り返す。

       この先は当然として行き止まりだ
画像

       仙崎駅 駅名板
画像
画像

駅名板はJR西の一般タイプと絵入りの凝ったデザインの2種類。

この時点でJR東海JR四国に引き続きJR西日本の区間も全て乗車した事に
なる。感想は頭の中に「長かった…」などの達成感と「あぁこんなものか…」が
同居していた。で、もし仮にこれがJR全線完乗だった場合はどうだろう?
もしかして同じなのかも知れない。何となくだがそんな気がする。他、ここまでに
費やした時間と費用はいくらかのか?計算すれば面白いかも知れないが、複雑
過ぎてヤル気が起きない。総乗車距離も同様である。

今回、長門市→仙崎を乗車した時点で、JRの未乗区間は以下の通りとなる。
JR北海道JR東日本JR九州のみであり、在来線として既に乗車済みである
山形新幹線と秋田新幹線、他、普段、貨物列車が走るような区間、例えば武蔵
野線の南半分や短絡線はキリがないので除外するとしよう・・・。

●留萌本線(全線) ●石勝線(全線) ●日高本線(全線)
●室蘭本線(東室蘭~室蘭) ●東北新幹線(仙台~北上)(八戸~新青森)
◎岩泉線(全線) ●上越新幹線(越後湯沢~新潟)
●吾妻線(長野原草津口~大前) ●九州新幹線(全線)

この内、◎岩泉線は2年前の夏に発生した土砂崩れの影響でバス代行に切り
替えられ、鉄道の方は長い期間に亘り運休していたが、先日、鉄道そのもの
廃止が決定・・・。乗らず仕舞いで終わってしまった。早めに乗りに行けば良か
ったという思いと、乗りに行かずに済んだという思いが交錯する
時代や指導者が変われば復活、いや、それはもうないだろう・・・

       仙崎駅の駅舎
画像

コンクリートのような…木造のような…それなりに凝った造りの駅舎。駅舎の中
に観光案内所があったので入ろうとしたが、時間的に早いのか閉まっていた。
この時点で時刻は8時すぎ、次に到着する列車は12:31着の「みすゞ潮彩」にな
るので、一日の内で最初にこの案内所を利用する鉄道利用者は「みすゞ潮彩」
のお客という事になる。因みにこの日は日曜日、平日に関しては不明。

       仙崎駅の位置(地図は拡大可能です)

近くに青海島という観光地があり行ってみたいと思うのだが、そんな時間は
ない。この日の内に大阪まで鈍行列車を乗り継いで帰らなければならない。
付近の萩観光と併せれば丸一日の時間が必要になってくる・・・。

       仙崎駅の時刻表の一部
画像

仙崎からの折り返しは8:07発の1622D長門市行きであり、これを逃せば12:41
発の「みすゞ潮彩」まで一本も無い。仮に1622Dに乗ったとしても、長門市から
先、美祢線・山陰本線の上下列車の発車までかなり時間があり、最も早く発車
する列車は長門市9:00丁度発の1566D東萩行きである。1622Dに乗るか、長
門市駅まで歩くか、最後まで迷った結果、歩く事にした。仙崎から長門市まで
の営業キロは2.2キロ。大した距離でもない。このようになる事を想定して前もっ
て地図で道を調べておいた。

それにしてもこの運行本数の少なさ、そしてこの運行時間帯の偏りは、通学と
通勤の利用のみを想定しているのであって、観光客の利用はあまり想定して
いないのかも知れない。昔の時刻表と比較すれば運行本数はかなり減ってい
る。今の時代、大半の人は車なんだろう・・・。2年くらい前だったか、JR西日本
の赤字ローカル線を廃止する話が挙がっていたが、この区間が候補に入って
もおかしくない・・・と思う。

       仙崎駅前
画像

駅前はそれなりに広い。日曜だからか、朝早いからか、いつもこうなのか、静か
で閑散としていた。仙崎駅から長門市駅へは、駅前の道を左へまっすぐ進み、
海岸の突き当たりの信号を左折、あとは海岸沿いの道をほぼまっすぐ一本道
である。ただ、海岸沿いの道といっても防波堤があるだけで海がいつも見える
訳ではないし、歩道がないので少し危険。長門市駅まではゆっくり歩いて30分
くらいだった。沿道はトンビがいたりして長閑である。彼らは上空で風に乗りな
がら羽ばたく事なく、ほぼ停止することが出来るのだ。長門市駅に近付けば、
周囲の建物の雰囲気でそれとなく分かると思う。

       長門市駅へは海岸の突き当たりの信号を左折
画像

↑の写真。赤信号が灯っている三叉路のすぐ手前に左へ入る道が写っている
が、これは↑の地図でも分かるとおり海岸沿いの道に平行する生活道路では
ないかと思う(?)。実際に歩いて確認した訳ではないが、こちらの方が歩き易
いかも・・・

長門市駅に着いたのは8時50分頃だった。乗車予定の美祢線、長門市を9:57
に発車する厚狭行き726Dの発車までかなり時間が余ったので、時刻表をめく
ってみれば、山陰本線の飯井駅まで行って帰ってくる事が可能と気付いたので
、時間潰しの為、行ってみる事にした。

 ★長門市900→915飯井 1566D キハ120 1両
車内は長門市発車時、見た目でほとんどの席が埋まり立ち客は3人と予想して
いよりも利用者が多かった。着席せずに後部貫通路の窓から景色を眺める事に
した。この1566Dは東萩行きであり、東萩に到着する時刻は9:37。その先の
接続は、13:54発の1568D益田行きまでないので、東萩で4時間以上も待ち時
間がある。萩で観光するのであれば良いが、そうでないのであれば18きっぱー
には全く縁の無い列車だ。

       1566D(長門市駅)
画像

       途中の車窓(長門市~長門三隅)
画像

       途中の車窓(長門三隅~飯井)
画像
画像
画像

この付近は京都と下関(幡生)を結ぶ幹線とは思えないくらい長閑な雰囲気。
以前は博多や大阪を結ぶ急行、そして特急列車も走っていた。

       飯井駅
画像
画像

       飯井(Ii)駅の駅名板
画像

飯井駅は簡素な待合室だけの小さな駅。駅から坂道を下ったところに民家が
複数建っているがとても静かな雰囲気。海からも近い。折り返し9:27発の1565
Dに乗車して長門市駅に戻った。

 ★飯井927→942長門市 1565D キハ120 1両
車内は飯井発車時、見た目で7-8割の席が埋まり、立ち客が3人程出ていた。
客層は10代後半から20代前半のヤングの姿が目立った。

       1565D(飯井駅)
画像

       長門市駅で見掛けたキハ47の「タラちゃん」
画像

この後、長門市9:57発の厚狭行き726Dに乗車した。

                                            (続)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント

やべっち
2012年06月26日 19:05
Mr.Kさん こんばんは やべっちです!

仙崎は今や童話作家金子みすゞの故郷として駅の周辺は「みすゞ」一色なのですが、仙崎は過去の歴史を振り返れば、終戦直後に外地からの引き揚げ者、或いは日本各地に連れてこられた朝鮮人の帰還者にとっての引き揚げ船・帰還船母港となっていました。

ところで、帰路ですが、岩国や岡山の接続が悪いとはいえ、直行すると自宅には23時前には着いてしまいますよねぇ~!?
とても終電好き(笑)のMr.Kさんの行程とは思えないので、どっか一カ所寄り道したでしょう?
ひょっとして瀬尾のスカイレイルサービス?
やべっち
2012年06月26日 21:46
「サーバーに繋がりません」と云う表示で再度クリックしたら、ダブりました!消しといて下さいm(_ _)m

ところでJR北海道の未乗線ですが、乗り潰しに効率の悪い、長大盲腸線の宗谷本線(258km)、(通称)根室線(132km)、日高本線(138km)を悉く片付けているのに、何で留萌本線と石勝線が未乗何ですか!?
2012年07月01日 12:11
やべっちさんへ。こんにちは。

今は長閑な仙崎辺りも、過去を振り返ればそのような事があったんですね。終戦直後の事は今では想像も出来ませんね・・・

>どっか一カ所寄り道した
えーと、横川駅で降りて「広島風のお好み焼き」を食べて、未乗として残っていた広電の横川~江波のみ乗車しました。・・・という事で、やべっちさんの予想の通り自宅へは終電で帰りましたよ!(笑)完全に読まれましたね・・・(笑)。まぁたまには早く帰る事もあります・・
約3年前ですがスカイレールに一度だけ乗った事がありましてこのブログの
「2009.8.10 21:53」の記事で簡単に書いてますので、また見て下さい!モノレールとロープウェイを足して割ったような不思議な乗り物ですね。

>「サーバーに繋がりません」
ウェブリブログですが少し前から調子が悪いみたいです。その日はメンテナンスが行われたようですが、雰囲気的にブログ人口の多さが影響しているみたいです。パンク寸前(?)。ブログはタダなので文句言えませんね(笑)
2012年07月01日 12:43
やべっちさんへ。続き。

>ところでJR北海道の未乗線
うっかりしておりまして・・・日高本線も全線未乗でした。手直しをしておきます・・・。

>何で留萌本線と石勝線が未乗
留萌本線の方は単に時間切れ・・・ですね。北海道の真ん中なので後回しで良いという感覚だったのかな・・(?)
石勝線の方ですが、過去、北海道の乗り鉄に使用したきキップの大半は「青春18」と「北&東パス」でして、特急列車自由席に乗り放題の周遊キップの類を使ってなかったからだと自分で分析してます。石勝線の一部は特例で「青春18」のみで乗車可ですが、振り返れば滝川→釧路の長距離鈍行、現2429Dの方に目が向いてましたね。。。この長距離鈍行に2回ほど乗りましたが、2回目は吹雪により富良野→新得がバス代行となり、予定が大きく狂うことに・・・。代行バスが新得に着いた時、新得から先で通常通り走ったであろう2429Dは既に(定刻に?)発車した後・・・後続の現2529Dに乗車する事となりました。

札沼線の方は終点の新十津川から滝川まで徒歩+バスで移動しました。予定では徒歩のみで移動するつもりでしたが、大きな川を越えた辺りでバス停を発見、バスを待っていた人に「滝川駅へ行きますか」と問いかけたところ答えは「はい」。衝動的にバスに乗り込んでしまいました。新十津川と滝川の間は想像していた以上に距離がありました。

※返信、大変遅れました。
やべっち
2012年07月04日 10:59
Mr.Kさん こんにちは 早く遠征がしたくてウズウズしているやべっちです(笑)

Mr.Kさんは新大阪ー西九条間を通って阪和線に抜ける貨物短絡線の扱いはどうしていますか!?
私は定期列車が運行している路線は短絡線だろうが貨物線だろうが、完乗データに入れるようにしています。
その他、季節列車や臨時列車が運行されている場合のみは、参考記録にしています。
ですから、越後湯沢ーガーラ湯沢間や武蔵野南方貨物線の乗車、或いは武蔵野線大宮短絡線などは参考記録にしています!(でも全部乗っているんですよね~)
一方、先の新大阪ー西九条間や香取ー鹿島サッカースタジアム間、はたまた湘南新宿ラインが通る大崎ー旧蛇窪信号所間などは定期列車が運行されているので、完乗データに入れるようにしています!
2012年07月05日 00:14
やべっちさんへ、こんばんは。

完乗のルールは難しいものがありますね。個人的なルールは、時刻表に載っている路線図のみに留めようと思います。「はるか」などが走る新大阪~西九条の貨物線ですが、この路線は大型のJTB時刻表には載っていないものの、JR時刻表には載っているので完乗データの中に入れるつもりです!
ガーラは乗車済み、鹿島サッカースタジアムの件は鹿島臨海鉄道に乗車済みなので完乗データに入れてますが、品鶴線から山手貨物線に入る線路は個人的には微妙ですね・・・これは「快速MLえちご」の池袋~大宮に通ずるものがありますし、やはり微妙です。
他、武蔵野貨物線関連は、臨時列車が走ったりするものの、もう入れないようにします(笑)東北新幹線から山形新幹線や秋田新幹線へ入る区間も同様です・・・

10年くらい前、阪和線から環状線西九条経由で新大阪へ向かい、北方貨物線経由で姫路まで走る臨時快速があったような気がしますが、今思えば凄いなぁと思います。さらに阪和線から東海道線経由で京都駅を経由せずに梅小路辺りの短絡線を経由して山陰線へ直通する臨時快速もあったような・・・
大阪駅の工事の関係か、寝台列車が北方貨物線経由で走っていたことがありましたね。

完乗に関してはかなり厳しいルールを課している人が居るみたいですね。例えば日没後は認めないとか・・・。でも私はもうそういうのはナシでかなり緩くしてますね。

この記事へのトラックバック

  • エアマックス 2013

    Excerpt: 青春18きっぷ 春 「2012.3.31~4.1の乗車報告 Ⅱ 前編」 MR・K★旅★BLOG/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 2013 racked: 2013-07-09 12:13