青春18きっぷ 春 「2012.3.31~4.1の乗車報告 Ⅰ 後編」

青春18きっぷ 春 4 江津→浜田→益田→東萩

 【2012年3月31日 土曜日】

中編からの続き。江津から先は、快速アクアライナーなどを乗り継いで今夜の
宿泊地である東萩へ。列車の一部に遅れが出ていたようだが、快速アクアラ
イナーは江津駅を定刻通りに発着していた。

 ★江津1726→1748浜田 3457D キハ126 2両 「快速アクアライナー」
前よりの車両に乗車。車内は江津発車時、一つのボックス席に1-2人(大半は
1人)。無人のボックス席はないだろうと思っていたが、山側に一つだけあったの
で、ここに落ち着く事にした。客層は地元の人と18きっぱーが半々といったところ
。新見→米子で見かけた人も居た。

       3457D 快速アクアライナー(江津駅)
画像

       車内の様子(都野津駅停車中)
画像

写真では分かり難いが、キハ126(121)のボックス席の間隔は可也ゆとりが
ある。空いている時は前の席に足を投げ出したいところだが、間隔が広い為
それがやり難い。感覚的に583系と同じくらい広いのではないだろうか。ここま
で広いのであれば転換クロスシートにしても良かったのでは?と思えてくる。

途中、都野津と波子で少し乗車が見られ、車内は波子発車時、一つのボックス
席に1-4人(大半は1人、4人の内3人はグループ)。終点の浜田まで混みあう事
はなかった。

       車内の様子(浜田駅到着時)
画像

       浜田駅 近距離きっぷ運賃表
画像

青春18のお客には関係の無い事だが浜田から東萩の運賃は1620円。

       浜田から先は18:04発の益田行き353Dに乗車した
画像

駅の構内放送で特急列車が遅れていると案内していたが、あまり気にしてなか
った。普通列車にも影響する事があるので気にしなければならないが、何故か
気にしてなかったのだ。

 ★浜田1804→1852益田 353D キハ120 2両
後よりの車両に乗車。この日の入線時刻は遅れていた為か、発車時刻と同じ
18:04。入線時、ホームで待っていたお客の数はそれなりに多数。入線して1分
後の18:05に発車した。車内は浜田発車時、一つのボックス席に1-4人(4人は
グループ)、ロングシートは半分以上が埋まっていた。しばらくの間は着席せず
に貫通路の窓から景色を眺めることにした。

       353D(浜田駅)
画像

       途中の車窓(浜田~西浜田)
画像

座る事は出来ないが、キハ120に乗った時は貫通路の窓からの眺めが楽しい。
キハ287運行の為に線路の改良が行われたのか、353Dは快調に走行。車体が
軽いというのもあるだろうが、その走りは国鉄型ディーゼルとは明らかに違う。

       途中の車窓(周布~折居)
画像
画像
画像

3月31日の場合、この辺りで日没となる。この時間帯は天気が良かったので
夕陽が綺麗に見えていた。山陰本線の西半分は海沿いを走る区間が多く、
見所はかなり多いと思う。信越本線の柿崎~鯨波や羽越本線の村上~三瀬、
五能線と同等のレベルだと云って良いのかも知れない。

       途中の車窓(折居~三保三隅)
画像

北朝鮮の工作員はこのような場所に上陸して(いる?)たのかな。昨年だったか
、日本海で北朝鮮の制御不能となった漁船が発見された事があったが、あれは
本当に漁船だったのか。某雑誌では違う事も書かれていた。

三保見隅でロングシートの部分に余裕が出たので着席する事にした。

       車内の様子(岡見駅停車中)
画像

       353D(岡見駅)
画像

岡見駅では対向列車の行き違いによりしばらく停車した。このブログを書いてい
る時に気付いたが、時刻表で見た限り岡見駅での停車時間は少しのようである
。このような停車は列車の遅れによるものと思われるが、特に単線区間では対
向列車の関係で遅れが拡大しやすい。隣のホームに停車しているキハ120は
出雲市行きの355Dであると思われるが、撮影した時刻は18:38。本来であれば
岡見駅を18:33に発車している。18:45に「特急スーパーおき」が通過、353Dは
岡見駅を14分遅れの18:46に発車した。

岡見を出ても海岸線を走る区間があったが、外はかなり暗くなったので景色は
撮っていない。終点の益田には11分遅れの19:03に到着した。

益田から先は19:09発の長門市行き1577Dに乗車。
1577Dは(確か?)階段を挟んだ隣のホームで発車を待っていた。

 ★益田1909→2019東萩 1577D キハ120 1両
1577Dはオールロングシートのキハ120だった。上り特急列車の到着を待った
為、益田を6分遅れの19:15に発車。車内は益田発車時、乗客は小生を含めて
計7人。平日はもっと利用者が多いのかも知れないし、この日(土曜)はたまたま
利用者が少なかったのかも知れないが、この数は8人乗りの乗用車でも十分だ
った事になる。途中、東萩までの乗車は1人くらいだったか、降車の方が多かっ
たはずだが、その辺りはメモをしてなかった事もあり良く覚えていない。

       1577D(益田駅)
画像

       車内の様子(宇田郷~木与)
画像

       1577D(東萩駅)
画像

このまま西へ進み長門市で乗り継げば、本州の西の端、下関には山陰本線経
由で23:00に到着、さらに美祢線厚狭経由では少し早く22:51に到着する。

       本日の最終目的地 東萩駅に到着
画像

「ようおいでました」とは、この地域の丁寧な方言なのかな。

       東萩駅 駅舎の中
画像

東萩駅は有人駅だが、この時間帯、駅員は不在で無人状態となっていた。
駅前は居酒屋のような店があるが、静かなものである。

東萩駅に到着した後は徒歩で予約していたホテルへ向かった。ホテルの名前
はオレンジホテル。東萩駅から川を渡ったところ、徒歩で5-6分くらいのところに
建っているビジネスホテルである。今回は楽天で予約、宿泊料金は朝食付き、
シングルで一泊3980円だったが、500ポイントを使ったので3480円だった。
ホテル1階の窓に朝食付き3980円といった内容の案内がされていたので、楽天
で予約をせずに電話で直接予約、あるいは予約ナシの飛び込みでも値段は同じ
という事になる。

       オレンジホテル
画像


           部屋の中の様子
画像

よく在りがちな一般的なビジネスホテルである。布団は羽毛なんだろうか(?)
フワフワしており、寝心地は良いと思う。ただ、テレビの前に置いてある椅子は
座り心地が悪かった。座面の横にある枠は無い方が良い。写真には写っていな
いがベッドの手前に空調装置がある。この日の夜はそれなりに冷え込んだので
重宝した。

朝食に関してだが、食べる場所は1階フロントのすぐ横、時間はメモをしてなかっ
たので記憶が曖昧だが、確か6:30~9:30だったはず(?)。食べ物は食パンと
他はマーガリン・ジャム・チョコレートクリームなどパンに塗るものばかり。無理を
言えば、ゆで玉子が一つ欲しいところだが、宿泊料金の事を考えたら贅沢は言
えない。食パンは籠の中に入っており、その横にオーブントースターが置かれて
いる。飲み物は紙コップ式の自販機のものを自由に飲んで良い事になっており、
コーヒーなどが用意されている。

荷物を整理した後は買い物+晩ゴハンを食べに行く事にした。フロントの人に近
くコンビニやスーパーはあるのか?と尋ねてみれば、徒歩で少しの所にドラッグ
ストアがあり、ここで食べ物も買えるとの事。早速行ってみればもう閉店間際だ
ったのか、シャッターを閉めている最中。閉店時刻は21:00との事で、ぎりぎり間
に合った。ここでピーナツやスナック菓子を買った。ドラッグストアの場所は、オレ
ンジホテルから一本道を西へ徒歩で数分のところにある。

後は晩ゴハンだが、何を食べるか?全く調べてなかったので、とりあえずドラッグ
ストアの真ん前の一本道をさらに西へフラフラ進んで行くとラーメン屋を発見。ここ
で食べる事にした。店に入った時刻は21:05、出た時刻は21:20。

============================================================

 〔 めん遊 〕

↓の写真の看板の通り、あっさりとんこつのラーメンの店、ラーメンの他に餃子
などがある。店内はカウンター席の他に座敷風の席もある。1号店と2号店があ
り、調べてみればこちらは2号店のようだ。
営業時間は11:30~14:30と18:00~翌1:00。
食券制となっており入り口の脇に自販機がある。

       めん遊
画像

色々なメニューがあったが、雰囲気的に量が多そうなラーメンセットを注文。

       ラーメンセット 650円
画像

ラーメンセットは「とんこつラーメン」と「高菜ご飯」の組み合わせである。

       ラーメンセットのラーメン
画像

ラーメンの上に乗っているチャーシューと高菜ご飯は美味しかったが、肝心の
ラーメンは思っていた以上にあっさりしており、少し味気なかったかな・・・。
量も少なめ、650円ならこんなものだよ、と怒られるかも知れないが、1割から2
割ほど増量しても良いと思った。麺は細麺であり茹で時間が少なかったのか、
麺特有の臭みが残っていた。茹で時間を少し長くした方が良いと思う。他に客
が居たという事もあり、店員さんは急いでいたのかも知れない。食券を出してか
ら出てくるまでが居様に早かった。チャーシューと高菜ごはん以外はこれといっ
たものがかった・・・。看板に書いてある通り、あっさりした食べ物の好きな人向
けのラーメン店であると思う

       めん遊の場所(地図は拡大可能)

============================================================

ラーメン店を出た後はホテルに戻り、部屋でゆっくりする事にした。風呂に入り
スナック菓子を食いながらホテルの廊下にある自販機で買った缶ビールを飲ん
でいると、急に睡魔が襲ってきたので早めに寝る事にした。22:30頃に消灯。

萩は昔の街並みが今も残っているとの事なので、この機会に1時間ほど歩い
てみようと思い、朝の4:30に目覚ましをセットしたが、あまりにも眠かったので
二度寝。結局、起きたのは5:30だった。5:30は早起きの部類だが、この時間
に起きなければ、乗り鉄の計画に大きく影響してしまうのである。
朝の色々な用事を済ませ、6:30に1階に下りてフロントの横で朝食を頂いた。
食パン2枚にマーガリンとチョコレートクリームを大量に塗って美味しく頂いた。
6:45頃にチェックアウト。チェックアウトの際だが、ホテル名がオレンジホテルと
いう事もあり、パックのオレンジジュースを頂いた。心温まるサービスである。
そのまま駅へ・・・。

       旅先で迎える朝は清々しい(東萩駅の近く)
画像

       東萩駅の駅舎
画像

この後、東萩駅7:08発の長門市行き1561Dに乗車
                                            (続)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

やべっち
2012年06月20日 14:42
M.Kさん こんにちは
最近バテ気味のやべっちです!(笑)

そう言えば、萩には萩城跡のお堀沿いに「萩YH」が有りましたねぇ。たしか玉江駅から徒歩15分位だったか!?
ただビジターだと3940円とさほど安くないかな?
私はYHは1980年代まではよく利用しましたが、今や存続している地方のYHの殆どは「ライダーハウス」のごとく、機動力の無い方には不便な立地に存在するため、次第に利用しなくなりました。
YHと云うと、70年代当時北海道各地にあった「キ〇ガイYH」を思い出します!(笑)

私も隠岐に行ったことがありますが、例えば島前の西ノ島、国賀海岸辺りは「北朝鮮工作員」の上陸地としては申し分のない場所だと思いました!
M.Kさん、たまには島旅もいいもんですよ~!!(笑)
2012年06月20日 23:54
やべっちさんへ。こんばんは!

ユースホステルは時代の流れで利用者も変化して行くのかも知れませんね。

>機動力の無い方
鉄道旅行の場合、宿泊地や観光地が駅から遠いと行くのを諦めることもありますね。仮にバスがあったとしても運賃が凄く高い事もあるし・・・。折り畳み自転車を持って乗り鉄したいのですが、自分の乗り鉄のスタイルなら無理があるのかなぁと思うし、混雑した電車に当たれば大変ですからね。。。特に繁忙期の静岡地区の3両編成。

やべっちさんも隠岐へ行かれたのですか!私も行ってみたいとおもっています。何処で聞いたか・・・島の中に信号が一つだけ、しかも黄色点滅になっているとか・・・?島旅、離島はあちらこちらに行ってみたいですね。ロシアの観光ビザを取って択捉島や国後島にも行ってみたいです(笑)
やべっち
2012年06月23日 15:51
M.Kさん こんにちは
休みの日を、ダラダラと部屋で過ごしているやべっちです(笑)

萩には、昨年の春まで萩東部の山腹にある「奥萩本陣」と云う温泉旅館に「奥萩モノレール」という嘉穂製作所製のスロープカーが存在していましたが、惜しくも昨年6月一杯で廃止になっています!
此の「奥萩モノレール」はJTB時刻表の会社線欄に暫くの間掲載されていた「遊覧鉄道」としては、破格の待遇でした(笑)
一度乗りに行こうと思っているうちに廃止になってしまい残念です!!
2012年06月24日 11:01
やべっちさんへ。おはようございます!

そのテの遊覧鉄道はマニアックすぎますね!日本の何処だったか、温泉旅館にある宿泊客専用のケーブルカーも凄いですね。ここに宿泊しなければ乗れないと言う・・・
先月号の鉄道ファン誌を立ち読みして知ったのですが、三重県か和歌山県の方に昔の鉱山で使われていたトロッコを観光客向けに改装して運行しているらしいです。
時刻表に載らない鉄道は未知の鉄道というか、一般に知られていないので興味が涌きます。
大阪の浜寺公園の遊覧鉄道は場所柄、客層は子供が多いので、乗りに行く勇気がありません(笑)乗ったら凄く浮きそうです!

この記事へのトラックバック