青春18きっぷ 春 「2012.3.31~4.1の乗車報告 Ⅰ 中編」

青春18きっぷ 春 4 米子→江津

 【2012年3月31日 土曜日】

前編からの続き。
米子から先は、13:47発の浜田行き135Kに乗車し、山陰本線を西へ進んだ。

 ★米子1347→1655江津 135K-331D キハ47 2両
後寄りの車両に乗車。この日の入線時刻は出雲市寄りから13:29。入線時、
(後寄りの車両の)乗車位置付近に居た人数はほんの少し。ドアは半自動と
なっており、乗車可能となった時刻は13:31だった。車内は米子発車時、一つ
のボックス席に1-3人(大半は1人、3人はグループ)程度と空いていた。客層
は軽装の地元民が目立ち、新見→米子の車内で見掛けた18きっぱーが少し
居たものの、他の18きっぱー風の人はほとんど見掛けなかった。途中で乗降
が目立った駅は松江と出雲市のみ、静かな、理想的な鈍行列車だった。
135K=平日は137D。

       135K(米子駅)
画像

       この車両キハ47 1016に乗車した
画像

       車内の様子(米子駅発車待ち中)
画像
画像

       長丁場になるので食料を用意して乗り込んだ
画像

↑のお姉さんの顔写真が載ったサンドイッチはそれなりに美味い。少し高めだ
が、パンと具がしっかりしている。様々な種類のものが存在する。

       途中の車窓(東松江~松江)
画像

           途中の車窓(松江駅停車中)
画像

松江で乗降が目立ち、車内は松江発車時、一つのボックス席に1人程度と空い
ていた。新見→米子で見掛けた18きっぱーは松江で下車、岡山から乗車してい
た15人位の小学生の団体さんもここで下車したはずである。松江から乗車した
人は軽装の地元民が目立っていた。

       途中の車窓(乃木~玉造温泉)
画像

       途中の車窓(玉造温泉~来待)
画像

↑の写真は日本海ではなくて宍道湖である。この付近の特徴的な車窓。

       途中の車窓(直江~出雲市)
画像

出雲市で大半のお客が下車。乗車は少なく、車内は出雲市発車時、一つのボ
ックス席に0-1人程度と空席多数、空いていた。この先、いくらかの駅で僅かな
がら乗降があったと思われるが、自分自身、それに気付く事はあまり無かった。
車内は江津まで同じような状態が続いた。

       途中の車窓(小田~田儀)
画像
画像
画像

       途中の車窓(田儀~波根)
画像
画像
画像
画像
画像

今回、山陰本線で海が良く見えるのは、やはり出雲市以西なのかな、と実感
した。兵庫県の北部区間や東浜駅近辺もそれなりのレベルだが、出雲市以西
の方がはるかにレベルが上だと思う。個人的に山陰本線の松江辺りから西は
乗車経験が少なく、上下を合わせれば今回で4回目。前回や前々回などは、超
繁忙期の満員列車で景色を楽しむ余裕がなかった、日没間際の曇り空だった、
あるいは日没後だった、今ほど車窓オタクではなかった等の理由で、この付近
の車窓はあまり印象に残ってなかったのである。この日、午前中は雨が降った
りして悪天候だったものの、天気は昼過ぎから回復。もし仮に雨が降り続いて
いたら、前回と同様に何も印象に残らず、場合によっては寝ていたかも知れな
い・・・。海沿いは風が強かったのか、波打ち際は白が目立っていた。

       331D(波根駅)
画像

15:42、波根駅に到着。下り特急列車通過待ちの為、15:56の発車まで14分程
停車する。普段、降りる事の無い駅での長い停車時間は、青春18の旅の楽しみ
の一つであると思う(普段の生活の中ではお断り)。駅の外へ出て煙草を吸った
りした。停車中に編成の端から端まで歩いてみたが、車内は無人のボックス席
が目立ち、客層はクラブ帰りの高校生など軽装の地元の人が中心であり、18き
っぱー風の人は居なかったと記憶している。しかも単独の客ばかりだったので
静かな…静かな…環境だった。

       波根駅の駅舎
画像

       車内の様子(大田市駅発車時)
画像

       途中の車窓(五十猛~仁万)
画像

       車内の様子(黒松~浅利)
画像

風力発電の風車は日本海側で多いような気がする。冬季を中心に風が吹く日
が多いんだろうか。で、それに関連する事だが・・・今、オームの逃走犯の話題
に掻き消された感があるが、つい先日まで福井県にある原発の再稼動の問題
がテレビを中心にかなり話題になっていた。もし再稼動が行われなければ、関
西では初となる計画停電を行う可能性が出てきており、この計画停電、昨年の
関東の例を見れば難儀なので、個人的には夏季のみ運転を再開すれば良いと
思っている。原発が爆発するような地震や津波は、そう何度も起きないだろうし
・・・(?)。10年計画や20年計画で原発をゼロにするのは賛成だが、急にゼロ
にするのは無理があるような気がする。ま、計画停電を絶対に行わないのであ
れば、ゼロにしても良いと思うのだが、未来形ゆえにグレーになっている。

       途中の車窓(浅利~江津)
画像
画像

       331D(江津駅)
画像

米子から乗車した135K-331Dだったが、江津で下車。後続の同じく浜田行き
3457D快速アクアライナーに乗り換える事にした。江津よりも手前にあるどこか
の駅で降りて、3457Dに乗り換える事も考えたが、あまりにも理想的な環境
(空いていた)だったので、ここまで来てしまったのである。因みに終点の浜田
へは331Dが22分も早く先着するが、ま、拘りみたいなものだ。実際、江津から
乗車した3457Dは快速ゆえに331Dよりもいくらか利用者が多かった。江津まで
乗車して正解だったのである。

       江津駅の駅舎
画像

       江津駅 駅舎の中
画像

コンクリートと何かの板を組み合わせたような良く有りがちな造りの駅舎。

       江津駅 近距離きっぷ運賃表
画像

江津から松江まで片道1890円か・・・高いのか・・・それとも普通なのか・・・

       江津駅 駅名板
画像

鉄道趣味者であれば常識かも知れないが、江津の読み方は「こうづ」ではなく
て「ごうつ」であり、一般の常識であれば「こうづ」であってもおかしくないはず。
自分自身、その読み方を知ったのは時刻表ではなくて米子駅のきっぷ売場で
あり、窓口氏との会話の中で初めて知ったのである。それまでは「こうづ」と間
違った読み方をしていた。・・・と言うのは、かなり以前、青春18きっぷでこの付
近を訪れた時だが、うっかりしていて米子から江津まで特急でワープをしなけれ
ばならなくなり、仕方なしに緑の窓口で米子から江津までの乗車券と自由席特
急券を購入。その時に窓口氏と交わした会話は雰囲気的に以下の通り・・・。

オレ「えーと、こうづまで、特急の自由席で」
窓口「こうづ(国府津)?・・・神奈川県の?」
オレ「え!・・・いや、山陰本線の・・・島根県の・・・」
窓口「・・・あぁ、ごうつ?」
オレ「ん?、はい、そうです、ごうつです、ごうつ・・・」

窓口氏は少し苦笑いしてたかな・・・ま、当然と言えば当然だが、この人は正し
い読み方も知らない所へ一体何の目的で行くのか、と思ったに違いない・・・。
他、同じく山陰本線の大田市は「おおたし」ではなくて「おおだし」、漢字は太では
なくて大など知らない事が多かったし、関連する事だが、羽越本線の羽後本荘
羽後本庄、室蘭本線の苫小牧苫小枚であると思っていた時期があった・・・

江津からは列車本数が少ない事で有名な三江線が分岐している。運行本数は
江津発と三次発、共に一日に5本であり、一日で全線を乗車しようとすれば3本
しかない。一度だけ江津から三江線に乗車して三次へ抜けた事があるが、今で
言えば431Dと433Dのスジだったので、途中で日没を迎え車窓は真っ暗に・・・
機会があれば今度は昼間のスジに乗ってみたいと思っている。
あの時、大阪を0時過ぎに発車していた「ML山陽」に乗車して広島へ(その当時
のML山陽は広島止まり)。早朝、広島に到着後は普通を乗り継いで新山口へ
向かい、「SLやまぐち」に乗車して津和野・益田経由で江津へ。江津から三江線
に乗車して三次へ向かい、その日は三次駅近くのα-1に宿泊。翌日は芸備線
に乗車して広島(宮島)経由で帰宅した。

           江津駅 三江線の時刻表
画像

       江津から先は17:26発の快速アクアライナーに乗車した
画像

                                           (続)

この記事へのコメント

やべっち
2012年06月12日 07:30
Mr.Kさん こんにちは
ここんとこ、首都圏の未乗区間の乗りテツでお茶を濁しているやべっちです!(笑)

江津の駅をコレほど見せつけているのは、三江線未乗の私に対する当てつけか!?(笑)

私は山陰本線は、餘部あたりや益田以西の、海食崖の上を走る線路から見下ろすように俯瞰出来る、日本海の眺めの方が好きです!
特に萩の前後は海上に小さな島々が眺められて、夕方に此の区間に乗ると感動モノです(笑)

其れにしても、山陰は首都圏から遠い!!
下手すると、鈍行乗り継ぎだけなら北海道や九州よりも遠いかも?
2012年06月12日 23:20
やべっちさんへ、こんばんは。

今度、やべっちさんが三江線に乗車するかも知れないので「江津」を強調しました(笑)

>萩の前後は海上に小さな島々が眺められて
確かに小さな島が浮かんでましたね。かなりレベルの高い車窓だと思いました。山陰本線の車窓はやはり西半分の方が良いのかな、と実感しました!

山陰は山陽から中国山地を縦断しなければならないので、気分的にも遠く感じますね。大阪から豊岡・城崎や岡山から米子は、かなり距離が長いですから、それだけでも十分に乗り鉄になりますね。
2017年08月24日 01:11
Thanks for finally talking about >春PW_B t u2012.3.31`4.1____ T __v lqEj_aknf/EFu_u_O

この記事へのトラックバック

  • VISVIM サンダル

    Excerpt: 青春18きっぷ 春 「2012.3.31~4.1の乗車報告 Ⅰ 中編」 MR・K★旅★BLOG/ウェブリブログ Weblog: VISVIM サンダル racked: 2013-07-09 19:55