青春18きっぷ 夏 「2011.8.21の乗車報告 後編」

青春18きっぷ 夏 3 池谷→板野→高松→岡山→姫路→大阪→百舌鳥

 【2011年8月21日 日曜日】

池谷から先は高松・岡山を経由して大阪へ。高松方面へ向かうのであれば
池谷16:27発の360Dが乗り換えナシで便利だが、気分的なものもあり先発の
板野止まり4354Dに乗車する事にした。

 ★池谷1601→1613板野 4354D 1500形1両
車内は池谷発車時、一つの椅子に0-2人、見た目で3-4割程度の席が
埋まっていた。この列車の始発駅は牟岐線の阿南であり板野止まりである。

       4354D(板野駅)
画像

板野に到着した時は、かなり強めの雨が降っていた。ところでこの板野駅だが
到着したホームには屋根が無かったのである。傘を持参していたので良かった
が、もしなければ偉い目に遭っていただろう。やはり乗り鉄に傘は必要だ。

       板野駅の駅舎
画像

       板野駅 駅舎の中
画像

それなりに年季が入っているような雰囲気の駅舎である。

 ★板野1641→1858高松 360D キハ47 2両
前寄りの車両に乗車。車内は板野発車時、一つのボックス席に0-3人程度と
と空席多数、空いていた。3人というのはグループ客である。

       360D(板野駅)
画像

       車内の様子(板野~阿波大宮)
画像

       360D(阿波大宮駅)
画像

16:50阿波大宮に到着。対向列車待ちで5分程停車。16:55に発車。

       しばらくして特急うずしお19号が通過(阿波大宮駅)
画像

       途中の車窓(阿波大宮~讃岐相生)
画像
画像

高徳線で最もローカルな雰囲気になるのは、↑の阿波大宮から讃岐相生の
区間だと思う。駅名も阿波から讃岐となり県境になっている。

17:06引田に到着。ここで17:21の発車まで21分間も停車。板野から一つ目の
阿波大宮で5分間停車し、三つ目の引田では21分の停車。まさに鈍行列車で
ある。このようなパターン、普段の生活の中ならお断りだが、青春18きっぷの
旅の中なら個人的には歓迎である。空いたボックスシートと長時間停車の組み
合わせは、今の時代では珍しい部類に入るだろうし、今後、5年、10年と経てば
合理化などでさらに減少しているものと思われる。ヘビースモーカーから見ても
このような長時間停車は助かるのかも知れない。

       引田駅では約20分ほど停車する
画像

       引田駅の駅舎
画像

引田駅の駅舎には飲食店が併設されている。既に記憶が薄くなってしまって
いるが、表側のメニューの値段は良心的な価格だったと記憶している。

       車内の様子(引田駅停車中)
画像

       途中の車窓(三本松駅停車中)
画像

三本松では乗車していた車両に10人程度の乗車が見られ、車内は三本松
発車時、一つのボックス席に1-3人程度、空いていた。区間によるが、この
ような状態がしばらく続いた。

       途中の車窓(三本松~丹生)
画像

       途中の車窓(オレンジタウン駅停車中)
画像

       360D(志度駅)
画像

18:15志度に到着。上下の特急を先行させる為に13分程停車し18:28に発車。
車内は志度発車時、一つのボックス席に1人程度と空いていた。この状態が
終点の高松まで続いた。理想的な鈍行列車だった。

       360D(高松駅)
画像

       この車両 キハ47 1085に乗車していた
画像

       高松駅の駅舎
画像

高松から先、岡山方面の先発は、高松19:10発の快速マリンライナー58号だが
、気分的なものもあり一本遅らせて後続の快速マリンライナー60号に乗車する
事にした。

       高松駅の発車案内板
画像

 ★高松1940→2036岡山 3160M 5000系等5両 「快速マリンライナー60号」
改札口から最も先頭車に乗車。入線時刻は先発のマリンライナー58号が発車
する前から停車していたので、単純に考えて高松に19:05に到着するマリン
ライナー53号の折り返しと思われる。発車時刻が近づくにつれて少しづつ席が
埋まり、車内は高松発車時、一つの椅子に1-2人、4人用の優先席は1人程度
と半分程度の席が埋まっていた。

       3160M 快速マリンライナー60号(高松駅)
画像

       車内の様子(高松駅発車待ち中)
画像

坂出で目立った乗車が見られ、車内は見た目、全ての席が埋まり立ち客が
少し出た。この先、乗降は少なく岡山まで同じような状態が続いた。

この時間帯の岡山から姫路方面は、岡山21:09発の姫路行きが便利だが
気分的なものもあり、先発する岡山20:51発の瀬戸行きに乗車する事にした。
着席を優先させるのであれば、始発である岡山21:09発に乗車するのが一般
的だが、夜間なので瀬戸から先、姫路までは余裕で座れると思ったのである。
混雑する事で有名な岡山~相生・姫路だが経験上、夜間は、それほど混まな
い事が多いのである。

       岡山から先は20:51発の瀬戸止まりに乗車
画像

 ★岡山2051→2108瀬戸 730M 115系3両
一番うしろの車両に乗車。この日の入線時刻は発車1分前の20:50。入線時に
並んで居た人数は少しだった。車内は岡山発車時、一つの椅子に0-2人、立ち
客は2人程度と空いていた。一番うしろの弱冷車である。東海道・山陽の223系
の場合、弱冷車と一般車の室内温度は、個人的にあまり差を感じる事はない
が、国鉄型の115系の場合は明らかに違う。やはり熱を感じる。この日はあまり
暑くなかったので、弱冷車の室内温よりも外気の方が涼しかったはず。

       730M(瀬戸駅)
画像

       瀬戸駅では禁煙タイムとした
画像

 ★瀬戸2128→2236姫路 1336M 115系4両
前から2両目に乗車。車内は瀬戸発車時、見た目、ほとんどの席が埋まって
立ち客が10人くらい出ていた。瀬戸からこの1336Mに複数回乗車しているが、
ここまで利用者が多かったのは今回が初めてである。瀬戸の次、万富でいくら
か降車があり通路側席に着席する事が出来た。瀬戸発車時、4人用の席を
3人で占拠していたグループが居たが、空気を読めば中に入れて貰う訳には
いかず、仮に中に入ったとしても相手が嫌がっただろう・・・。この先、停まる毎
に立ち客が少しづつ減少したが、終点の姫路まで立ち客がゼロになる事は
なかった。

       車内の様子(和気~吉永)
画像

吉永と三石で降りた人は乗車していた車両では各1人位だった。車内は岡山
県最後の駅、三石発車時で一つの椅子に1-2人、立ち客が5人位出ていた。
相生から先は乗車が見られ姫路到着時で立ち客は12-3人程度となっていた。
青春18夏休み期間という事もあるだろうが、高速1000円がなくなったので、
また利用者が増えてきたのかも知れない(?)

       1336M(姫路駅)
画像

姫路から先は22:56発の新快速、野洲行きに乗車した。

 ★姫路2256→2358大阪 3326M 223系12両 「新快速」
一番うしろの車両に乗車。この日の入線時刻は網干寄りから22:54。
発車2分前と忙しないが、入線直前の22:50頃に貨物が通過するのである。
入線時に並んで居た人数は△12の場合、10人くらい。10人程度なら席取り
合戦はまったりしたものであり、闘争心を剥き出しにする者はいない。
車内は姫路発車時、一つの椅子に1-2人、4人用の席は0と空いていた。

       車内の様子(加古川~西明石)
画像

停まる毎に乗車があり、車内は明石発車時で一つの椅子に1-2人、4人用の
席は1-2人程度と半分位の席が埋まっていた。三宮で目だった乗車が見られ
車内は三宮発車時、見た目、ほとんどの席が埋まり立ち客は0。三宮発車時
で立ち客0とは珍しく感じた。芦屋では降車の方が多く所々に空席が目立つ
ようになってきた。

       3326M 新快速(大阪駅)
画像

 ★大阪008→026新今宮 2705 201系8両
大阪発、環状内回りの最終電車。前から3両目に乗車。車内は大阪発車時、
一つの長椅子に4-6人程度、それなりに立ち客が出ていた。途中、降車の
方が多く弁天町から先は空いていた。新今宮では信号停止に遭遇・・・。同じ
ホーム向かい側に到着した大和路線王寺行きが先発するとの事なので乗り
換えた。天王寺のホームで泥酔者が駄々をこねて誰かを困らせていたのかも
・・・(?)

 ★新今宮031→033天王寺 1896K 201系6両
大和路線の最終電車。車内はそれなりに席が埋まり立ち客が少し出ていた。

天王寺に到着後は、それなりに急いで阪和線ホームへ。すると阪和線の最終
電車は、まだホームに入ってなかったのである。放送によると和泉砂川付近で
大雨が降り遅れていたとの事。0:35過ぎ、折り返し1743Hになる和歌山発の
3724Hと思われる列車が到着した。

       天王寺駅の阪和線ホーム
画像

 ★天王寺035→056百舌鳥 1743H 103系4両
阪和線天王寺発の最終電車。一番うしろの車両に乗車。天王寺を5分遅れの
0:40に発車した。車内は天王寺発車時、一つの長椅子に4-6人程度、立ち客
は3人。杉本町までは立つ事にした。停まる毎に少しづつ空席が増加。百舌鳥
には1:00に到着した。

       1743H(天王寺駅)
画像

       途中の車窓(我孫子町駅発車時)
画像

大きなトラブルに巻き込まれる事もなく、無事、地元の駅に到着。
今回は阿佐海岸鉄道乗車、牟岐線や鳴門線に初めて乗車した。
色々と良い経験になったと思っている。

                                (徳島シリーズおわり)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 九州男児・福岡の親友と一生涯でいたいと願った。青春18キップ

    Excerpt:  まずは、自分が闘っていた冬は厳寒の夏は蒸し暑かった・・が、しかし青春時代の金の思い出となった福島県郡山市の日本大学工学部建築学科で製図と多くのレポートの提出期限厳守時期に眺めた景色を写真でお見せ.... Weblog: 脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・ racked: 2011-11-29 15:22