クアラルンプールへ行ってきた 22 「チョウキットの方へ戻る 編」

チョウキット周辺の様子

 【旅行4日目】

チャイナタウン周辺を散策した後は、チョウキットへ戻ることにした。
小生が宿泊していたホテルの場所はチョウキットである。
この日は日本へ帰国するのだが、朝、チェックアウトをした後、大きな荷物を
フロントで預かって貰っていたので、それを引き取る必要があった。

       クラナジャヤライン パサール・スニ駅
画像

クラナジャヤラインのパサール・スニ駅は高架構造になっている。

チャイナタウンからチョウキットへは、パサール・スニ駅からクラナジャヤ
ラインに乗車してダン・ワンギ駅まで行き、徒歩でブキッ・ナナス駅へ。
そこからKLモノレールに乗車するルートを選んだ。

パサール・スニ駅の切符売場は自動券売機を含めてかなり混雑していた。
有人窓口は30メートル位の長い列が出来ていたので、自動券売機の方の
列に並ぶ事にしたが、こちらも10メートルらいの長い列・・・。
「混んでるな・・」と思い良く見れば、列が出来ていた自動券売機は、複数ある
内の2台のみ。小生が目視で確認した訳ではないが、他の券売機は稼動して
なかったようだ。せっかくの設備・・・活かしきれていない所がもったいない。
雰囲気的に機器の故障ではないと思うのだが・・・(?)

       自動券売機に並ぶ列
画像

自動券売機の列に並んで、ほんの数分後、小生の番がまわってきた。
切符を買う段階になって券売機にRM 1.00紙幣を投入しようとしたのだが
受け付けない。「何やこれ・・」と思い、他の紙幣を試したが、それでも無理。
少しして小生の後に並んで居た人が「コインのみだよ」と教えてくれた。
何と運が悪い・・・。気付かなかったが、券売機の画面に何らかの案内文が
表示されていたようだ。「紙幣は只今使用禁止、硬貨のみ」と表示されて
いたのか・・・。財布の中を見れば切符を買えるだけの硬貨がない。券売機で
買うのを諦めて、さらに長い列が出来ていた有人窓口の方へ並ぶことにした。
券売機の中にある釣り銭用の硬貨が切れていたのか・・・(?)

クアラルンプールでは自動券売機があっても有人の窓口で買う人が目立つ。
自動券売機はあまり信用されていないのかも知れない。

       有人窓口に並ぶ長い列
画像

有人窓口は30メートルくらいの長い列が出来ていたと言う事もあり、自分の
番まで7-8分くらいかかった。係員の仕事は早いが、窓口は一箇所のみ
であり一人で売っていた。

自動券売機では上手く行かなかったし、有人窓口は長い列が出来ていた。
単なる市内電車の切符なのに、買う為に計15分近くかかっていたと思う。
日本では有り得ない事だが、国が変わればこういうのは当たり前か・・・
日本よりスマートな事があれば、その逆も当たり前のようにある。

それにしても、この日の切符売場は何故、混雑していたのか(?)
土曜日だった為か・・・昨日、金曜日そして一昨日の木曜日は、こんな事は
なかった。ちなみに電車の方の混雑は似たようなものだった。

切符を買った後は、まずダン・ワンギ駅へ。しかし・・・

 ★Pasar Seni 1451→1452 Masjid Jamek 「クラナジャヤライン」
車内はそれなりに立ち客が出て混み合っていた。運賃はRM 1.00。

       クラナジャヤライン(Pasar Seni駅)
画像

       クラナジャヤライン(Masjid Jamek駅)
画像

クラナジャヤラインのマスジッド・ジャ駅は地下に存在する。

駅に到着後、あまり意識せずに淡々と改札口を通って地上へ。
その時、駅の周囲の様子を見て初めて自分自身の誤りに気付いた。
小生はダン・ワンギ駅まで行くつもりだったのだが、何を勘違いしたのか、
一つ手前のマスジッド・ジャメ駅で降りてしまったのである・・・
理由は不明だが、蒸し暑さで疲労が溜まって頭がどうかしていたのか、
それとも、この日は帰国しなければならない日なので心に何らかの焦りが
あったのか・・・マスジッド・ジャメ駅はアンパンラインとの乗り換え駅なので、
それと勘違いをしたという見方も出来る。そう言えばパサール・スニ駅で
切符を買う際、切符売場の係員にマスジッド・ジャメ駅(まで)と言っていた
ような気がする。もしそうなら最初から間違えていたのである・・・

仕方なしに切符を買い直して(今度こそ)ダン・ワンギ駅へ。
切符売場はパサール・スニ駅程ではなかったものの、自動券売機の前は
各5人くらいの列、有人窓口はそれなりに長い列が出来ていた。
自動券売機はパサール・スニ駅のような状態だったら困るので、有人窓口の
方へ並ぶ事にした。列の長さは20メートルくらいだった。

       有人窓口に並ぶそれなりに長い列
画像


今度は気合を入れて(!?)間違いのないようにダン・ワンギ駅へ。

 ★Masjid Jamek 1507→1509 Dang Wangi 「クラナジャヤライン」
車内はそれなりに立ち客が出て混み合っていたが、ダン・ワンギ駅で
降りる人が目立っていた。運賃はRM 1.00。

       クラナジャヤライン(Dang Wangi)
画像

クラナジャヤラインのダン・ワンギ駅は地下に存在する。

ダン・ワンギ駅に到着した後はKLモノレールのブキッナナス駅まで徒歩で移動。
KLモノレールに乗車してチョウキット駅へ。

KLモノレールのブキッ・ナナス駅はダン・ワンギ駅から少し距離があり徒歩で
4-5分くらいか・・・。駅を出て大通りであるJalan Ampangを左へまっすぐである。
歩道橋があるのでブキッ・ナナス駅の構造上、渡っておいた方が便利だと思う。
ブキッ・ナナス駅は高架構造なのですぐに分かると思う。

       ダン・ワンギ駅の場所とブキッ・ナナス駅までの地図

ダン・ワンギ駅の出入り口はJalan Ampangに面している。

ブキッ・ナナス駅の切符売場は混んでおらず、すぐに切符を買う事が出来た。

 ★Bukit Nanas 1521→1525 Chow Kit 「KLモノレール」
車内はそれなりに立ち客が出ていた。運賃はRM 1.20。

       KLモノレール(Bukit Nanas駅)
画像

       車内の様子(Bukit Nanas~Medan Tuank)
画像


チョウキット駅に到着した後はチョウキットマーケットへ行ってみた。
駅から徒歩で5-6分くらいである。

------------------------------------------------------------

 〔 チョウキットマーケット 〕

チョウキットマーケットは昔からありそうな庶民的な雰囲気の市場である。
売っている物は果物・野菜・肉類の他に衣類などが目立ち種類が豊富。
店が沢山出ており、すごく活気に満ち溢れている。他、小さな飲食店もある。
ここを訪れたのは今回で二度目。何となくだが前回(2008年11月)よりも店が
増えた気がした。
ちなみにこのチョウキットマーケット、夜は開いているのか、それとも閉まって
いるのか、良く分からない。宿泊していたホテルのすぐ近くなのだが、夜は
行っていないのである。ただ、2008年11月に訪れた時は閉まっていた。
※今回、15分程度しか居なかったので見たのはほんの一部である。

       衣類を売る店が目立つ通り
画像
画像

       手前の黄色の実は何だろうか・・・
画像

       奥はオレンジだが手前はリンゴっぽい
画像

       これは恐らくパパイヤだろう・・・?
画像

南方系の果物はドリアン以外あまり詳しくないので良く分からない。
ちみなにドリアンはもう二度と食べる事はないだろう・・・

       かなり広く通路は奥の方まで続いている
画像

最後の方まで歩かずに途中で引き返した。

       魚も売っていた これはカツオか・・・?
画像

       雰囲気的に淡水魚っぽい・・・鯉の仲間だろう・・・?
画像

結構、肥えた身の多そうな魚である。

       脚付きの鶏も売っていた
画像


       チョウキットマーケットの場所


-------------------------------------------------------------

チョウキットマーケットから出た後は、MARLINA TOMYAMという庶民的な店で
マレー風の焼き飯であるナシゴレンを食べた。この店はクアラルンプールに
到着した夜にも行っている。その時の様子は
クアラルンプールへ行ってきた 4 「KLセントラル駅からチョウキット駅へ 編」

店に入った時刻は15:50頃、食べ終えて出た時刻は16:10頃

-------------------------------------------------------------

 〔 MARLINA TOMYAM 〕

庶民的なマレー系料理の店である。日本的に表現すればメシ屋か・・・。
場所はブリスデールホテルの右斜め向かい。アルコール類は置いていない。
安い食堂なので扉は無くて店内は非冷房になる。

       MARLINA TOMYAM
画像


店に入ればすぐに店員さんがやってきたのでメニューを持ってきて貰った。
メニューはどこかに仕舞われていたようで、店員さんが懸命に探していた。
店の壁に大きなメニューが掲げてあるので、一般的なサイズのメニューは
あまり出番がないようだ。

しばらくして注文を訊きに来たので、ナシゴレン・タイランドとコーラを注文。
メニューによると他に色々な料理が存在するが、どのような料理か分から
ない、知らないので、冒険をするのは止めておいた。

       メニュー(ほんの一部分)
画像

メニューは英語ではなくてマレー語なのだと思う。

コーラはすぐに持って来てくれた。暑いので氷の存在が嬉しい。

       コーラ RM 1.50
画像


注文して10分もしない内に料理が運ばれてきた。

       NASI GORENG THAILAND RM 4.50
画像

それなりに量が多かったし美味しい部類だったので満足したのだが、3日前
とは違う人が作っていた為か、味が薄くなっていた。フライパンを振っていた
のは、おばさんだった。一概は言えないが、日本の飲食店でも、おばさんが
作ったものは塩分と油が控えめな傾向があり、良いように表現すれば体に
優しい健康的な料理になりやすい。それと関係がありそうだ。個人的には
塩分と油が多めの非健康的な料理が好みなのである。又、どの辺りが
タイランドだったのか分からなかった。メニューの一番上にあるBIASAと比較
すれば野菜が多く玉子が追加されている程度であり、何らかの香草の味が
していたわけではない。でも、まぁ、全般的に良かったので、将来的に機会が
あれば、またこの店に行きたいと思っている。

お会計は計RM 6.00。帰る時に支払う方式。

-------------------------------------------------------------

ナシゴレンを食べた後は、小生が宿泊していたホテルであるブリスデール
ホテルに戻り、フロントで預かって貰っていた荷物を引き取った。蒸し暑かった
のでフロントで10分くらい休息したり、表側でタバコを吸ったりした。

その後、日本に帰国する為にクアラルンプール国際空港へ向かった。

                                           (続)

この記事へのコメント

KLに行きます。
2014年08月29日 12:51
初めまして。クアラルンプールの情報を、興味深く拝見いたしました。
私も、年末、クアラルンプールに一人旅します。
チョウキット駅に宿をとってしまいました。夜、カウントダウンを見に、KLタワーまで行こうと思います。
帰りは、歩きになりそうです。
チョウキット駅周辺は、マレーシアでも治安が悪く、夜の女性一人での外出は避けたほうがいいとネットでみました。
どのくらいまでの時間なら、外出できそうな雰囲気があったか、もし教えて頂けるとありがたいです。

この記事へのトラックバック